所 西国 めぐり 三 十 三

❤️ 西国三十三所草創1300年記念事業として、2016年、御開帳された本尊がある。 幼少の頃より神童的で、常に十一面観音を念じ、僧侶となってからも荒行を積み、その名声は早くより中央にも知られていた。 ここはサラッと済ませておきたいのだが、この岡寺は厄除けのお寺で厄年の方はとくにしっかりお参りを。

2
所 西国 めぐり 三 十 三

😈 滋賀県大津市と京都府宇治市の境にある標高445mの岩間山中腹に位置し、岩間山正法寺と称する。

2
所 西国 めぐり 三 十 三

☺ 地域などから依頼を受けて三十三所を33回巡礼することで満願となる「三十三度行者」と呼ばれる職業的な巡礼者もいた。

2
所 西国 めぐり 三 十 三

🤘 また、当地は開山当初より水の乏しい所であったため、雷は自らの爪で井戸を掘ったという。 益子の場合、帰途には坂東18番のまで参拝している。 観音霊場を巡拝され、西国三十三所観音巡礼を再興されました。

11
所 西国 めぐり 三 十 三

⌛ JR山科駅・六地蔵駅から京阪バス乗車、醍醐寺前下車、観音堂まで徒歩約15分。 ご本尊は西国三十三所で唯一の。 泰澄は、別名「越の大徳」「金鎮大師」ともいい、白鳳十一年(682)六月十一日、福井県に生まれている。

4
所 西国 めぐり 三 十 三

🤘 また《観音霊験記》によると、江戸時代の俳聖松尾芭蕉は、岩間寺に参籠してご本尊の霊験を得、その俳風を確立したと言われており、本堂横手には芭蕉が「古池や蛙とびこむ水のおと」を詠んだと伝えられている「芭蕉の池」が残っている。

18
所 西国 めぐり 三 十 三

😔 に入っている、三十三所ではない観音を祀る寺に参拝する人もいる。

6
所 西国 めぐり 三 十 三

🚀 正式名称は 園城寺 おんじょうじ。

18
所 西国 めぐり 三 十 三

👎 大阪コースと兵庫コースをまとめて1泊2日コースで考える場合は、大阪コースの最終の中山寺の後、有馬温泉で宿泊も接続的に悪くないし、三田での1泊もまたいい。 春は桜の名所に。 そして月日がたち、徳道は隠居所ので80歳で示寂し、三十三所巡礼は忘れ去られていった。

5