確定 申告 年金 受給 者

📞 例えば配偶者と離婚した場合や配偶者が亡くなった場合に適用される寡婦(夫)控除や、結婚や親への金銭的援助などによって扶養対象が増えた場合に適用される扶養控除などだ。 ただし確定申告不要制度の対象の人であっても、確定申告をしてはいけないということではありません。

2
確定 申告 年金 受給 者

🎇 サラリーマンは、勤務先の会社で年末調整をしてくれるので、医療費控除や基礎控除などについての申告がない場合には、確定申告をする必要がありません(ただし、サラリーマンでも年収2,000万円超の給与をもらっている人やなどは、会社で年末調整を行わないので、自分で確定申告をする必要があります)。 したがって、源泉徴収の対象となる公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下であっても、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円を超える場合には、確定申告を行う必要があります。 これで原則、課税関係は終了です。

2
確定 申告 年金 受給 者

☢ 「所得金額」の枠 「収入金額等」枠の下に水色の「所得金額」の枠があります。 公的年金から公的年金控除を引いた金額を雑所得として計算します。

3
確定 申告 年金 受給 者

💙 「譲渡損失の繰越控除」は最長で3年間赤字を繰り越すことができる。

確定 申告 年金 受給 者

✌ この制度は年金受給者にしか該当せずに、年金受給対象外(65歳未満)の自営業者などには全く関係ないので注意しましょう。

5
確定 申告 年金 受給 者

✌ 給料として得た収入は「給与所得」、年金は「雑所得」として計算します。 年金受給者の場合、公的年金等の収入金額が400万円以下(かつ、公的年金を含む雑所得以外の収入が20万円以下)なら申告はしなくてもいいことになっています。 そもそも「確定申告」とは 確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間に所得のあった人が、所得税を申告納税する、または所得税を納め過ぎている場合にはその税金を取り戻すために「還付申告」をすることをいいます。

9