ネタバレ 138 呪術 廻 戦

👆 おそらく殺意たっぷりに… そこに扇が斬撃で割って入るが、直哉はこれも回避可能な様子… しかし、実の父親が峠を彷徨っていて精神的に正気じゃなかったとごまかして、一応謝罪するのだった… 本当に問題児みたいですね…. そして東堂は虎杖に強くなるための修行をつけるのでした。 次期当主は、誰になる? 禪院直毘人の死亡が、確定してしまいました! その、禪院直毘人が書き残した遺言書によると、 五条悟が死亡、あるいは意思能力を亡くした場合は、 伏黒恵が禪院家の当主となるとのことです! そして! 伏黒恵が、消息を絶った、虎杖の捜索任務にあたっていると聞くと、 自分が禪院家の当主になりたいと考えている、 禪院直哉は、 二人まとめて殺したると発言しました! 禪院直哉が、伏黒恵と虎杖を標的にしました! 虎杖は、乙骨憂太と禪院直哉の2人から命を狙われることになってしまいました… 虎杖は、現在は腸相と共に行動しております! そこで! 誰が、次期当主に相応しいのか? 考察してみました! 伏黒恵は、 当然、そういったものは断るでしょうし、 おそらく、興味もないと思います! しかし! 今、禪院家に関わりのある人間 呪術師 で、 1番才能があって、優秀なのは、 伏黒恵です! あと! 禪院真依も、おそらく、 伏黒恵と同じく、興味もないと思われます! そもそも、真依は、あまり才能がなくて、 そこまで強くありません…笑 個人的には、かなり、好きなキャターなのですが…笑 消去法で、残っているのは、 禪院真希となるのですが、 真希さんも、残念ながら、才能があまりなくて、 呪霊も、メガネがないと認識できません! なので! 1番、当主に向いているのは、 伏黒恵ということになります!. 呪術廻戦全体で見ても、これまでの活躍といえば八十八橋で壊相と血塗と対峙した時くらい。 その後宿儺は「まだやってもらうことがある」と瀕死の伏黒を助け、意識を戻した虎杖と交代しました。

6
ネタバレ 138 呪術 廻 戦

🙄 そこへ遺言状を預かるフルダテなる老人が登場し、 禪院直毘人の死を伝える。

1
ネタバレ 138 呪術 廻 戦

🤐 今んとこしっかり描写あるの禪院家だけなんですよね!五条家なんて全然出てきてないし。

8
ネタバレ 138 呪術 廻 戦

🙄 楽しい日常を返してくれよ芥見センセ、、、 ほんで虎杖、 やっぱり宿儺のやってたことは全部把握してるんやね。 そして自分の目の前で師匠とも言える七海を、殺されてしまいます。

4
ネタバレ 138 呪術 廻 戦

🤗 さらに虎杖の怪我が完全に治っておらず、 九十九の服も半袖のため、渋谷事変からそれほど時間が経っていません。 売買の話した時5、6歳で術式が判明したらって言ってて、ちょうど伏黒がこれくらいの時に戦ってるんですよね。

3
ネタバレ 138 呪術 廻 戦

😊 また財産の運用に扇か甚壱の承認を求めているのも、直毘人の直哉に対する不信感があらわれています。 一方で虎杖は、高専に戻らず脹相と共に行動しています。 を浴びせ、真人に手を伸ばします。

ネタバレ 138 呪術 廻 戦

👈 五条家は五条先生以外いないってことはないでしょうし。 呪術師の味方とは言えませんが、少なくとも虎杖の味方にはなってくれた様子。

ネタバレ 138 呪術 廻 戦

✊ そこに夏油を慕う双子・菜々子と美々子が現れて……。 ただ呪術操術で「呪力の抽出」っていう概念が出てきたので、何らかの方法で伏黒 父 化する道もちょっと見えてきましたね! おれも伏黒 父 は結局最初っから最後まで伏黒のことを守ろうとしてて欲しいです 笑。 新キャラ出てきましたねー。

ネタバレ 138 呪術 廻 戦

😝 その一方で、夜蛾は夏油と五条を先導した罪で死刑に、五条は呪術界から追放に。 案の定こんな顔になります。 脹相が直哉を食い止める間に、虎杖は逃走を図る。

19