受け ゾム 小説

✔ ラットと申します。 ゾムの急な変わりようにコネシマ達も手を止めたようで、静まりかえった空気の中、その場の全ての視線がエーミールとショッピ、ゾムの三人にそそがれた。 ゾムさんが他国に赴いては情報を取ってきてくれて、邪魔な上層部があれば暗殺してきてくれるから私達もスムーズに仕事を進められるんや。

11
受け ゾム 小説

🤙 「ショッピ君はいつも偉いなぁ」 エーミールが幾分大きめの声で褒め言葉を言って視線を当事者の方へと向けると… 「…」 足を止めて目を見開き、ジーっとこちらを見つめるゾムの姿があった。 もう慣れたもんや。

受け ゾム 小説

👋 ゾムはわしが家にいきなり凸っても笑って入れてくれる。

受け ゾム 小説

😘 | | |武器を買いすぎたら金が尽きました。 仕事を任せればきちんとやり遂げるし、真面目だから団体での訓練の後に時間を作っては自主訓練までしてはるって! 伸びしろもあるから、頑張った分技術面も伸びてきてるしね。

7
受け ゾム 小説

🖖 その様子は、あたかも僕も撫でてと言うように、彼等の瞳には映った。

2
受け ゾム 小説

👉 ほなちょいと待ち」 わしは身体を起こしゾムに馬乗り状態になって後頭部に縛っている紐を手探りで解いていく。