イオタ ランボルギーニ

✍ 固定ヘッドライトにしたのもそのためである。 ところが、ベルポナーがステアリングを握る前にディーラーのメカニックがブレシアの環状道路で運転して事故を起こし、横転した後に火を噴いてしまった。

5
イオタ ランボルギーニ

⚐ エンジンは、当時のスズキ・アルトワークスとほぼ同じで、排気量660ccの3気筒ツインカムターボを搭載。 オートロマンという並行輸入業者が、1977年に東京・後楽園球場で行われた「ザ・スーパーカー・ジャンボ・フェスティバル」に展示。 シャシーが大幅な軽量化と剛性アップが図られたほか、足まわりは新造され、ボディも軽量なアルミ製に変更されるなど種々の改造が施された。

イオタ ランボルギーニ

😅 ちなみに、イオタSVRは数十年前にもレストアを行われており、インテリアが金色となったことでクルマ好きの間で話題となったのも記憶に新しい。 オリジナル イオタの 製造 No. また経営者であったフェルッチオは「やりたいなら好きにさせてやれ」といっていたという [ ]。

19
イオタ ランボルギーニ

🔥 To be accurate, the car named Jota was never manufactured. それからヴァルテル・ロンキという人物を経て、レーシング・チーム『スクーデリア・ブレシア・コルサ』( Scuderia Brescia Corse )のオーナーで車のコレクター、アルフレッド・ ベルポナー( Dr Alfredo Belponer )が購入した。 当時、西ドイツでランボルギーニのディーラーであったフーベルト・ハーネが依頼したと語り継がれていましたが、それは本人が否定しています。

イオタ ランボルギーニ

🙂 オリジナルにそっくりなイオタであるが、ランボルギーニが製作した正規のイオタではなく、イギリスの田舎町にある「」で製作され、クローン・イオタの製作には、11年の歳月と25万ポンド以上の資金がつぎ込まれたとのこと。

17
イオタ ランボルギーニ

💅 この正式な台数は、10年程前までは6台だと言われていましたが、その数は徐々に数が増えてきています。 Bob Wallace was in charge of the development. 11月30日に工場を出た ミウラP400をベースとし、ヘルベルト・ハーネの注文でSVJに改装され11月工場を出た。 に京都トミタ・オートにより日本へ輸入され、岡崎宏司によりテストレポートが執筆され1977年9月号のモーターファン誌上に掲載。

8
イオタ ランボルギーニ

🤲 ILZROとは International Lead Zinc Research Organization, Inc. この仕様をベースにして、ステージ2へと進化していきます。 エンリコ・パゾリーニは1ヶ月程の入院となった。

19
イオタ ランボルギーニ

🙌 とが装備され、その後さらにモデル途中でのリアサスペンション強化もなされた。 実際、生産中の車の販売も良くなったといわれている。 「 ミウラ コンペティシオーネト」と呼べるのこの1台だけです。

13
イオタ ランボルギーニ

👆 冒頭記したように、ランボルギーニ「イオタ」は、「ミウラ」の改良のための走行実験を行うモデルとして、1969年に「一台のみ」開発されたものです。 シャシーに大幅な軽量化と剛性アップが図られたほか、足まわりは新造され、ボディも軽量なアルミ製に変更されるなど種々の改造が施された。 4683を与えられ 、1972年8月2日ジャリーノ・ジュリーニという人物に売却された。

15