意味 ひしひし

☺ 誤解を避けたい場合には、紹介したような言い換え表現も用いてみてくださいね。 澄んだ黒い瞳で見つめられて、将軍はげっそりと肩を落とした。

意味 ひしひし

🤲 苦しそうな目だった。 たんたん【坦々】 場面・道路などが平坦なさま。 ただし、文芸同人にかかわる者や、全く同人にかかわらない者に対しては、意味が通じないケースが多いので注意が必要である。

10
意味 ひしひし

🤟 家業がかなり追いつめられている気配はその後ひしひしと伝わってきた。 … 上野正彦『死体は知っている』 より引用• 「淡々と」は、色や味わいなどがあっさりしている様子を表しています。 つまり、 「最底辺スレスレ、長い間もがいてようやく分かった答え」、これが「最底辺掠める晩成の解」の意味です。

19
意味 ひしひし

💖 … 宇神幸男『消えたオーケストラ』 より引用• 最終的には、「どうだって」よくなってしまいます。 メロディーが心にしみわたり、体の隅々から固くこわばった力が抜けていくのがはっきりと感じられた。 タミオは、草むら、畑、住居の陰に注意を払いながら湖のある方に足を進ませていった。

2
意味 ひしひし

🤚 意図的に平然としている時によく使われます。 ずっと悩んできたけれど、「もうどうしようもない」し「忘れてしまえ」。 強く願え、行動を起こせ。

7
意味 ひしひし

⌚ 翌日、目を覚ますと、なんだか世界がちょっと違う気がした。 結論から言ってしまうと、 猛者の正しい読み方は「もさ」または「もうざ」になります。

8