の 歌詞 意味 駆ける に 夜

👎 Contents• でたらめに書いたということは、こんなふうに努力すれば夢が叶う、みたいな計算はせずに、何の算段もなくただただ「こうなればいいなあ」と夢を描いたということであろう。

14
の 歌詞 意味 駆ける に 夜

✍ 「釣られて」なので恋人の関係を終わりにしたいなどの意味ではなく、 主人公も「死にたい」と口にしたということになります。 晴れる 以下 二つの意味が込められているように感じられます。 自分との態度の違いに苛立ちや焦りを感じながらも、やはり君への想いは解けないから 「いつか分かり合える」と必死に言い聞かせています。

11
の 歌詞 意味 駆ける に 夜

✌ 死神は、それを見る者にとって1番魅力的に感じる姿をしているらしい。 (今回は曲で暗示されていましたが)フラットな感覚なら、スッと肝の冷える読後感を堪能できていたと思います。

14
の 歌詞 意味 駆ける に 夜

👣 こういう「ここで終わっておけば~からの反転」展開は好きです。 さらに「心が裸に近い状態」になるべく、外に出たあとは、金網という障壁も飛び越えていく。

9
の 歌詞 意味 駆ける に 夜

🌭 その死神は誰にでも見える訳ではなく、 彼女の様に「タナトス 死神 」に支配されている人間が稀に見られるという症状の様です。 つまり、自分を騙して生きていく、ということを意味しているわけだ。

20
の 歌詞 意味 駆ける に 夜

🤐 タナトスの意味はギリシャ神話での 「死神」。 本当はそんな素敵な未来がくる結末があったこともわかっていたのに。

1