和歌山 県 コロナ

😭 和歌山市医師会が経営する「成人病センター」が県内全域から新型コロナ検査を受注できるよう、PCR検査装置導入を支援するために1240万円を計上する。 4人とも病状は安定している。 練習は9人が参加し、残り1人は調査中。

13
和歌山 県 コロナ

🤐 会社経営男性は18日にこの女性らと会食、自営業男性も同日、この女性と何らかの接触があったという。 ただし、以下のとおり上限額があります。 和歌山県家賃支援金 新型コロナウイルス感染症に係る支援策「和歌山県家賃支援金」について、以下のとおり申請受付を開始しますのでお知らせします。

2
和歌山 県 コロナ

👈 橋本保健所管内ではカラオケ大会や、前日の練習に参加した8人の感染が判明し、県は10件目のクラスター(感染者集団)に認定した。 県が確認した感染者は計396人(再陽性含む)になった。

16
和歌山 県 コロナ

🚀 田辺保健所管内在住の60代無職女性は19日に37・6度の発熱を発症した。 関係する感染者が22日発表の女性を加えて計8人となり、県はカラオケ大会と前日の練習会を10件目のクラスター(感染者集団)と認定した。 カラオケ大会の参加者らほか50人についても検査していて、うち20人は陰性を確認した。

和歌山 県 コロナ

♨ 和歌山県は27日に開会する県議会12月定例会に、新型コロナウイルス対策など33億8600万円を追加する一般会計補正予算案や新型コロナ患者への誹謗(ひぼう)中傷を禁止する条例案など32議案を提案する。 いずれも大会前日の14日、既に感染が確認されている男性宅で練習していたとみられる。 県福祉保健部の野尻孝子技監は「カラオケ大会参加者は、感染者の濃厚接触者に当たるが、十分な理解なく、医療機関を受診したり介護サービスを利用したりしているという情報がある」とし、医療機関や介護事業所に大会参加の確認など注意を呼び掛けた。

和歌山 県 コロナ

🍀 ほか、和歌山市内で同居する無職の50代男性と80代女性の親子、田辺保健所管内の60代の会社経営者と自営業の男性、岩出保健所管内の介護職の70代女性の感染が新たに確認された。