事件 宮地 殺人

👈 非業の死を遂げた利恵さんの無念を晴らすため、最高裁決定までの12年間に亘って裁判や、講演活動で戦い続けてきた母親の磯谷富美子(いそがいふみこ)さんに密着してきたのは、NHK「事件の涙」取材班だった。

10
事件 宮地 殺人

👊 そっと里枝の背後に忍び寄り、ネクタイを首に巻きつけ一気に絞った。

事件 宮地 殺人

😩 里枝はあっさり承諾した。

14
事件 宮地 殺人

🤑 逮捕時に宮地佑紀生が語った「進行に不満があった」という動機の真相には、松山千春への思いも含まれていたのかもしれません。 逮捕時も、現場からわずか1㎞ほど先の銭湯から黒いリュックを背負って出てきた段階で捜査員に尾行され、100円ショップに入って店の外に出てきたところで、犯行現場のマンションに隣接するビルへの建造物侵入容疑で逮捕されています」 06年5月1日、大阪地裁で開かれた初公判にグレーのスウェット上下の姿で出廷した山地は、罪状認否で「(起訴状で)読まれた事実は間違いありません」と、まるで他人事のように淡々とした表情で答えた。

4
事件 宮地 殺人

😜 詐欺が「犯罪大学」って言われてる最たるもので、いろんな悪知恵があるんですよ。 10月5日、日高の自供により藤山万里子の遺体が発見される。 その後、XはYを神社敷地内で殺害した後、自殺した。

5
事件 宮地 殺人

☢ 事件当時は別居しており、夫から経済的な援助を受けることなく、2人の娘とマンションで暮らしていた。 約束の2万円を渡し、シャワーを浴び、2人で乾杯した。 山口県から瀬戸内海を渡り、高知の室戸岬までの長旅で、宮地は20キロぐらい歩かされ、さすがに「もう限界…」と〝泣き〟が入るあたり同情しちゃったね。