する 勘案

🔥 また、「顧慮」については「顧慮いたします」というよりは「顧慮なしに」という、ネガティブな意味合いで使われることが比較的多いようです。 勘案の使い方は、いろんな条件で判断しよく考えるという場合に使います。

8
する 勘案

☢ では、「勘案」の意味を正しく理解しているでしょうか。

6
する 勘案

🐝 他の言葉を使うと、いくつかの事案を並行させて検討する、という意味合いを表すのに一言では伝えられない状況になりますので「勘案」を使いこなすことができればそのニュアンスをスマートに相手に対して伝えることができます。

4
する 勘案

😆 意味や使い方がわからないまま、会話や文章で使用すると、思わぬミスに繋がる危険性があります。

10
する 勘案

🤪 例えば「この件に関しては諸事情を勘案し回答をさせていただきます」という言い回しを「熟考」に変えても、多くの方が受けとるニュアンスは変わらないように感じるかもしれません。 「考慮」の意味は 「考えをめぐらすこと。

する 勘案

😉 熟語に含まれる「慮」という文字は訓読みで「おもんぱかる」と読み、「おもいはかる」の音が変化したものです。

20
する 勘案

⚓ 対義語は、「勘案」の意味や使い方を学ぶ上では、一見すると関係がないように感じてしまいがちです。 熟語に使われている「検」には「検査」「点検」という熟語からもわかるように、「調べる」という意味があります。

する 勘案

😄 類語には「考慮する」や「踏まえる」が当てはまりますが、意味に違いがあるため使い分ける必要があります。 「照らし合わせて考えている」のか、「基準として判断している」のかで使い分けることができます。

6