ねる お ひぐらし

👈 連載終了後も何度か読み切りとして復活しており、今年7月にも東京五輪の延期をネタとし、夏季五輪・パラリンピックの年にしか目を覚まさない日暮熟睡男(ひぐらしねるお)が登場するエピソードでファンを沸かせた。

ねる お ひぐらし

😜 東京2020オリンピックは延期!! はい、お気づきの方も多いと思いますが、本来行われるはずであった今年の東京2020オリンピックは来年に延期になりました。 泳ぐことが好きという日暮の目を覚ますために、両津達がスイミングプールへ連れて行った。

9
ねる お ひぐらし

☢ 登場頻度が原作より高く、中期頃からは4年に1度というより1年1度くらい登場している。

5
ねる お ひぐらし

📱 過去の連載では、超能力が活性化し過ぎたために30日以上不眠状態が続いた事もあった。 彼もまた超能力者であり、両津が無理矢理起こしてしまったために暴れる兄と超能力対決を繰り広げながら携帯電話で商談をしていたが、戦いの最中にその日が自分の眠る日だという事を思い出し、眠ってしまう。

ねる お ひぐらし

👎 日暮の兄(名前不明) 第62巻のみ登場。

2
ねる お ひぐらし

😃 「」の年。 女性の前ではよく喋り、ホストをしていた時はマメなトークと持ち前の超能力で人気を得ていた。

6
ねる お ひぐらし

👀 その後は鹿児島、ハワイに移動してしまい、最終的に火星まで移動してしまった。 間違えられた原因は葛飾署の署員が「日暮」と「目暮」を読み間違え、日暮を死んでいると思い込んでいたことであった。

ねる お ひぐらし

😚 従来どおりの念写や念力は使えるものの、原作やアニメと異なり主に事件を中心に活躍している様子で、過去の活躍でもやのように的な活躍が描写された。 またのように、4年間の眠りに就く時は大量の食物を摂取して太り(両津曰く儀式)、髪と髭と爪も極力切っている。 4年間の眠りに就く際は天丼10人分、鰻丼10人分、焼肉20人分、寿司10人分などの大量の食事と水分を摂って脂肪を蓄え、髭と髪を剃り、深爪にしてからベッドに向かう。