ジュース リゼロ

⌛ エミリアが『封印』と呼ばれる扉のカギの持ち主である事から、虚飾の魔女パンドラはエミリアを追ってきたのです。 禁書庫の司書になる前はエキドナと共に聖域に度々来ていたようだ。

12
ジュース リゼロ

👏 長く長く、魔女教を支えてきた日々も、全てはその愛のため。

16
ジュース リゼロ

🖖 ベアトリスを創ったエキドナは、ベアトリスに「未来を記す」とされている福音書を渡し、「禁書庫を守り、その人を待ち続けること」をベアトリスに言いつけます。 死ぬ間際には「やっと……」という言葉を残こすベアトリスですが、このセリフからは「 400年もの孤独からやっと解放される、やっと死ぬことが出来る」との意味が込められているのではないでしょうか。

4
ジュース リゼロ

🤜 エミリアは逃げ切って走り続ける途中、 小さな丸い妖精と呼ぶものに出会います。 加えて通常攻撃には連続攻撃の下方補正が入っており、 実際の火力は非常に低い。

15
ジュース リゼロ

☎ ですが、二人を守る為に血の涙を流しながら魔女因子の力を押さえ込むことができ、あの 「見えざる手」を使えるようになります。 魔女因子に取り込まれてペテルギウスの心が壊れて歪な愛に変わってサテラと契約して裏切られても最後まで愛を叫んでたのはやっぱりエミリアと嫉妬の魔女が似ていることにあったり、昔に出会ったから面影を探していた感じみたいですね。

8
ジュース リゼロ

😋 シーマの内部に魂の一部を植え付けていたエキドナ、周到ですな。

5