カンパニー ビジョナリー

💙 1950年以前に設立されている(設立後50年以上経過している) 本書では、メインの著者であるジム・コリンズ氏とその師ともいえるジョリー・ポラス氏がスタンフォード大学の調査チームとともに、この条件に合致するアメリカを中心とした会社を慎重に18社選び抜き、数年かけて分析した結果、時代を超えた一貫した経営理念を導き出しました。 「熱狂的」になるということは、他の価値観を否定することになるので注意しなければなりませんが、ともかく企業の理念に共感して働けている人間は幸福です。 手に取りやすい一冊。

17
カンパニー ビジョナリー

⚓ 地平線の上に永遠に輝き続ける道しるべとなる星であり、個々の目標や事業戦略と混同してはなならない。

カンパニー ビジョナリー

👈 まさに自分の意思で偉大になるという意味です。 しかし、ビジョナリー・カンパニーにおいては、利益を求めると同時に、社会や環境のためにどんなインパクトを与えられるかを考えます。 そのため、一見矛盾する考え方を、同時に追求できなくなりがちです。

4
カンパニー ビジョナリー

🖐 「時を告げる人」は何を指すかというと、いわゆる「カリスマ的存在」です。 ・ビジョナリーカンパニーシリーズはの藤田社長始めとした21世紀に急拡大した組織を率いる経営者が共通して影響を受けている著作と評されることが多く、著者のジム・コリンズはの思想の影響を受けているのでの思想の影響を色濃く受けているなども本書の内容が反映された組織体系になっています。

12
カンパニー ビジョナリー

🤲 端的に言うと、彼はまず、「ビジョンを実践する」という名目で、高めの目標と、かなりの量の仕事を与える。 簡単な理屈だ。 一貫性と細部にあくまでこだわる。

17
カンパニー ビジョナリー

🤲 その飛躍の瞬間に、何がビジョナリー・カンパニーの中でおこなわれたのかがまとめられています。 ビジョナリーカンパニーの企業例 先ほどもあげた、ジョンソン・エンド・ジョンソン、アメリカン・エキスプレス、ソニー、ウォルト・ディズニーは、いずれもビジョナリーカンパニーとして取り上げられています。

13
カンパニー ビジョナリー

⚐ というか、この本はウチの会社(ケンブリッジ)についての本だと思っている。 業績が良いにも関わらず、45歳以上をターゲットに大規模なリストラをするのだから、その世代がよっぽど余っているのだろう。 このイメージこそが、現在では多くの企業が「中期経営計画」などで掲げるべき目標の、芯として存在する要素として参照されています。

18