キャンプ デイ

👆 慣れればお米も炊けるので、チャレンジしてみるのも楽しいですね。 ソロでデイキャンプを楽しむ場合の持ち物 ソロデイキャンプのメリットは、やはり手軽さ!荷物も抑えられるので、「行ってみようかな」と思ったらすぐ行動ができるのが魅力ですね。 我が家の場合は小さい子どもがいるので、 時間がかからず簡単に設営できるタープが第一条件。

8
キャンプ デイ

✍ 余裕があれば小さなスキレットなどがあると良いでしょう。 ソロのデイキャンプはお昼ぐらいにはキャンプ場についておく ソロのデイキャンプでは特に初心者の方は早めにキャンプ場に向かいましょう。

9
キャンプ デイ

💖 日帰りデイキャンプは設営と撤収が楽 宿泊をしない日帰りのキャンプなので、 テントを張ったり寝床を作ったりする必要が無く、設営と撤収が楽です。 またゴミを小さくできればクーラーバッグなどにしまって持ち帰ることも可能です。

19
キャンプ デイ

✍ 人数や現地での利便性・積載量を考えて、 自分たちに合ったものを選びましょう。

2
キャンプ デイ

☭ なので、 負担が軽く、たっぷりキャンプも楽しめる、デイキャンプがおすすめです。 手軽に作れてデイキャンプにぴったり ホットサンドは手軽に準備できて、 子どもも食べやすいのでデイキャンプにぴったり!家でも使えるので、 おうちカフェごはんにもオススメです。

キャンプ デイ

🤑。 デイキャンプに使うタープの種類は? テントではなく、 タープを持って行くという話は多いのですが、タープにはいくつか種類があります。 パーツは、すべて専用リュックに収まりとってもコンパクト!両手が空くので、持ち運びも楽々です。

12
キャンプ デイ

👈 しかし 日陰があるだけでかなり快適になりますので、タープやワンタッチテントなどは持って行きたいところ。

キャンプ デイ

😗 実は、宿泊をするかしないかでは、準備にもつらさにも非常に大きな差があるんです。 うまく利用すれば人数が多くてもコンパクトなデイキャンプ・日帰りBBQを楽しむことができるでしょう。

5
キャンプ デイ

🤭 でもそもそもデイキャンプなので、テントは要りませんね。